フォト

誕生日

  • レオの誕生日
    レオ
  • エースの兄妹誕生日
    エースの兄妹
無料ブログはココログ

« エース、再々入院となりました。 | トップページ | エースが旅立ちました »

2014年11月 6日 (木)

エース、自宅へ戻る

夕方、仕事を終え病院へ行く準備をしていると、
動物病院の医師より電話
「おしっこが朝から出ていない、痙攣はおさまったが、状態は悪くなっている」と。
「すぐに迎えに行きます」と返答した。

今日は仕事でエースの状態についてスタッフに相談したら、
皆同じ意見で、「家で看たほうがいいよ」と言ってくれた。
丁度今日は家に連れて帰ろうと思っていたところだった。

不思議と涙は出ず、連れて帰ることが出来ることが、
単純に嬉しかった。

流石に途中の車の中では、うるっとしたが、
早く一緒に帰りたい思いだけだった。

病院のエースは、面会してもぐったりとして顔を少し浮かしただけ、
もちろんシッポもふらない。
背骨あばらがはっきり見えて、更に肉が落ちた感じがする。

医師からの説明があり
専門用語でいうのなら
「肝不全による黄疸、肝性脳症?混乱とけいれん、腹水、
腸からの出血(黒色便)腎不全。
若いから食べるようになったから大丈夫かと思ったのに力及ばず…」

今見たエースは弱っているけど、呼吸は安定しているのをきいて、
安心していた。エースは今は辛くはない感じがする。

会計すると、入院中にCTを撮影したり、1泊入院したのに、6000円弱であった。

病院のスタッフさん達も涙ぐんでくれていて、
一所懸命、良くしてもらったことが伝わってきた。

エースを抱えて、車に乗せたが、軽くなっていた。
今回何度も抱えたが、少しずつ軽くなった身体、悲しい。

運転中は、スースーと軽い規則的な呼吸に安心し、落ち着いて運転することが出来た。

自宅に戻り、庭に降ろすと歩きだし、少し朦朧とした感じであったが、
何度か誘うと自宅に向かった。

部屋では、少し早くはあるが静かに呼吸している。
台所でウィリーにお水を上げていると、
ソローと歩いたやってきた。

9時過ぎには庭をウロウロし、チッコをたくさんし、
部屋に戻ると、ソファーで爆睡している娘のそばにいき、
「ソファーでねたいなぁ」と訴え、そんな娘は無理やりハハに起こされ、
床に爆睡。
でもエースは嬉しそうにソファーで寝ています。

思ったより元気にしているエースですが、
いつどうなるかはわかりません。

今は痛みもほとんどなく、穏やかに過ごせていることに感謝です。

では一緒に寝ます。

« エース、再々入院となりました。 | トップページ | エースが旅立ちました »

犬のこと」カテゴリの記事

コメント

チェイスのオヤジ殿

ありがとうございます。
なんか気が抜けて、ついボーっとしてしまいます。
気がつけば、なんだかなぁ~と口から出ています。
仕方ないです。
あとは「時間の薬」に頼るしかないですね。

とても悲しくて、とても残念です・・・。

でも、エースはふつうの犬の一生分以上の愛情を注がれて、一生分以上に楽しく過ごして、ウィリー家で過ごせたことをきっと感謝しています。

さいごは大好きな皆んなに見送られて、満足して旅立ったと思います。
これからは広い空の上を思い切り走れますね。

エース、楽しい思い出をありがとう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エース、再々入院となりました。 | トップページ | エースが旅立ちました »